【受賞】フクオカRuby大賞 / 福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞

2017年7月4日(火)にRuby・コンテンツフォーラムFUKUOKAが開催されました。

ここで、「第9回フクオカRuby大賞」と「福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞」の表彰式も行われ、AkkeyLabが合計3つの賞を受賞したことをお知らせいたします。

 

コンテストと、その受賞内容は以下のとおりです。

フクオカRuby大賞:奨励賞

福岡ビジネス・デジタル・コンテンツ賞:奨励賞DLE賞

 

授賞式は福岡市博多区のグランドハイアット福岡で行われました。

AkkeyLabも作品展示を行いました!

今回、各賞を受賞したのは、インターネットテレビ局システムであるAKTVシステムです。現段階では、放送番組情報などを管理するサーバサイドシステムと、配信システムとしてiOSアプリが動作段階まで開発されております。

 

Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろ様より、賞状をいただきました。

AKTVシステムの裏側を支えるサーバシステムをRubyを用いて実装しており、今回は奨励賞に選ばれました!

 

こちらは、技術面だけでなくビジネス面でも評価していただき、受賞したものになります。

AKTVシステムは、今年中に再生システム部分を応用して新規サービスに取り込まれる予定です!

 

こちらは、株式会社ディー・エル・イー様より頂きました。

このAKTVシステムは様々な用途に利用可能なため、先程告知した新規サービス以外にも複数のサービス展開を予定しております。

 

 

今年は、開発イベントのメンターや、共同開発の中でサポート側に力を入れる予定です。今後もAkkeyLabをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*